フィリピン不動産に投資しよう|リゾート地が人気

建物

安定した賃貸経営の方策

模型

賃貸経営のリスク対策

転貸を目的とした一括借り上げのことをサブリースと呼び、賃貸経営での空室対策として広くオーナーから利用されています。サブリースの特徴は、不動産会社や賃貸管理会社が一定額の賃料収入を受け取る代わりに、先述の空室をはじめとした様々なリスクや面倒ごとを全て引き受けてくれる点にあります。空室が出た場合は、サブリース契約に従って運営会社がオーナーに賃料の補填をしてくれます。また、賃貸管理そのものも運営会社が行ってくれるので、賃料未払いといった入居者とオーナー間に生じるトラブルの回避にも繋がります。このように運営会社がオーナーに代わって賃貸物件を借り上げ、賃貸経営の安定化やリスク回避を可能としてくれるのが、サブリースの大きな特徴でありメリットです。

空室増加が見込まれる

日本では高齢化社会と人口減少によって起こる経済や社会の停滞が今後さらに大きな問題になると言われています。賃貸経営に関してもすでに一部地域では空室増加が問題となるなど、影響が出ています。このような社会情勢の中で、空室対策やオーナーの負担軽減をもたらすサブリースは大きな注目を集めており、今後はさらに利用が増加すると予測されます。またサブリースサービスを提供する会社も近年は増加しており、業界でもトップクラスの大手不動産会社から、地方の賃貸管理会社まで選択肢が増えつつあります。それぞれの運営会社のサブリース内容も違いが多く、賃料保証や賃料免責期間、賃貸管理内容も様々です。今後の空室の増加が見込まれる中で、オーナーはより良い内容のサブリース契約を結ぶことも重要となります。