フィリピン不動産に投資しよう|リゾート地が人気

建物

不動産投資の家賃動向

スーツの人

不動産投資が人気ですが、収益源となる家賃相場の動向にも注目が集まっています。都市部の開発が入る地域では上昇が続きますが、今後の予想としては値下がりが考えられているからです。理由としてマンション建設が増えていることに対して人口の減少が顕著になっているからです。全国的に空室率が高まっていることも理由となります。それに加えてマンションの老朽化も課題とされています。築年数が古くなれば賃貸需要が減りますし、それが家賃相場を引き下げる要因にもなります。最も中古物件を活用するように政策でバックアップしていることにより、一部ではリノベーションにより賃貸需要を増やす物件も出てきてはいます。ただし需給関係を考慮すると、全国的には家賃相場は緩やかに下落すると予測されます。

家賃相場は多くが立地の利便性に左右されるものです。交通の便が良ければ賃貸需要は増えますし、それに対する物件が少なければ相場は高まります。あるいは学校が多く学生の需要が多いような特殊なエリアでも、家賃相場は高まります。また、再開発により商業施設が充実する地域でも、居住希望者が流入することで家賃相場は上昇します。そのような場所では不動産投資も盛んに行われることから、家賃利回りも高まることになります。ただし大型マンションが多く建設されることに対して、賃貸需要が追いつかなければ、相場は軟調に推移することになります。このように家賃相場は立地条件に加えて、賃貸需要の増減に応じて金額は変動することになります。